消えたい は 消えない

鬱 うつ 病のリハビリのような 意味のあるような無いような

また とりあえず

 

とりあえず

 

生きている

 

 

 

 

これを繰り返して

 

時間を繋げば

 

続くのかもしれない

 

 

 

 

けれど

 

ただの結果論

時代

 

歳を重ねないと

 

歌の

本当の意味は

わからない

 

 

ってのが

本当なんだ とわかるのは

 

 

 

人生を折り返して

 

少なくとも

中盤を過ぎて

 

 

いくつか実際に

 

誰かに

傷付いて

誰かを

傷付けて

 

 

悩んで

 

苦しんで

 

 

それからなんだろう

 

 

 

とりあえず

40を過ぎた

 

色んな歌を聴いた

 

 

そして

 

 

歌が

聴けなくなった

 

 

 

 

ちゃんと

 

 

歌を

ちゃんと聴きたいと

 

どれだけ振りだろうか

 

聴いたのは

 

 

 

ふと

頭の中を巡った

 

中島みゆき 氏の

【 時代 】だった

 

 

 

自分の世代の曲では無い

 

 

 

ただ

何度も何度も聴いた曲に

間違いは無い

 

 

 

歌い出しから

 

ガッと涙が溢れた

嗚咽が漏れそうなほどに

 

 

ある意味

恐ろしいほどに

 

鬱 うつ 病の

中年過ぎには

危ない

 

 

中島みゆき 】と

【 時代 】は

 

恐ろしい

 

 

何度も何度も聴いた

普通に聴いた

当たり前のように

聴いてきた曲

 

ほぼ 誰もが と言っても

過言では無い

 

はずなのに

 

 

 

こんなにも

胸を刺すのか

 

 

 

ほぼ 誰もが と言っても

過言では無い 曲

 

に なり得る曲には

 

 

つまりそれだけの力と

 

 

どの世代にも

刺すものを持つから

 

 

こうして歌も歌い手も

残り続けて居るんだろう

 

 

 

【 時代 】

中島みゆき氏 デビュー時 23歳時に

作られている曲

 

 

 

23歳

 

 

 

天才って

こういう人のことを言うんだな と

 

 

数十年を掛けて 想う

 

 

 

 

とりあえず

 

【 時代 】が もう

 

まともに聴けず

まともに歌えやしない

 

 

中年過ぎの

鬱 うつ 病には

きっと

 

助けになって

響いて

 

涙が胸を

少しでも軽く

 

 

してくれる気がする

脳 感染 伝染病

連れ合い

 

家族

 

が鬱 うつ 病になった時

 

 

その周辺の人々が

飲み込まれていく

 

ミイラ取りが

ミイラになる

 

 

その話を

奥さんとした

 

 

うちの奥さんは

だいぶ強い方であり、

かつ

ほっておくことも出来る、

金スマで観た、

丸岡いずみ母的タイプでもある

 

 

彼女と子供が居るから

まだ生きているんだと

心底思う

 

 

その彼女ですら、

本当に

限界ギリギリに居る

 

 

 

そんなことをこうして

自分で

書くことも出来るのに

 

自分で改善することの出来ない

苦しみと不可思議

 

 

 

鬱 うつ 病は伝染していく

うつる病気だ

 

そして

死の感染症

であるんだと思う

 

そのことに対して

認識が薄い

みな 当然のように薄い

 

 

他人事 どこかで他人事

 

 

ただ

 

多かれ少なかれ

もはや社会人になって数ヶ月で

感染しているレベル、

 

いや、

学生生活の中ですでに

感染しているレベル

 

 

ではないのだろうか

 

 

 

ストレスが感染菌だとしたら

もはやパンデミックであって

実質

ホラー映画さながらの

 

恐ろしい状況に現在

世界は居ることと

同じなんじゃないかと

 

思えてきている

 

 

「お隣の◯◯さん、

鬱 うつ 病に感染したらしく、

急に◯◯して

自殺したんですって。

怖いわね、、、」

 

 

極端、

そういうもの である認識が

もっとあって良いと思う

 

 

個人の問題

個人の力不足

個人の心の弱さ

 

 

こことリンクして考えがちな分、

自分に来るとは思わず

「うつる」ことにも意識は無い

 

年間自殺者数 は

約3万人

と ずっと思っていた

 

『遺書が無いと カウントされない…』

『変死者の15万のうち 半数を自殺とする…』

『実質は 11万以上の自殺…』

 

 

1日80人 と思っていたのが

300人は居ることになる

 

 

本当に

脳が 感染していく病だと思う

 

 

どれだけ

死にたいと願い

消え去りたいと願い

それ以上の思考を消されて

 

頭がおかしくなった自分を

自覚していくか

 

 

感染し 発症したら

死の思考に

脳内は犯され

自ら死を選ぼうとする感染症

 

そして

その人間のそばに居ることによって

疲弊し 苦悩し

脳内は犯され

同じく

死を選ぼうとする伝染病

 

 

自分もずっと

限界ギリギリを

とりあえず生きている

 

 

若い人間に増えている

鬱 うつ と 自殺

 

そりゃそうだ

 

 

これに感染して

耐え続けるのは

そう簡単じゃない

金スマ

 

丸岡いずみ 氏の

鬱 うつ 病をテーマにした

内容だったようで

 

 

奥さんに

「観た方が良さげなの、

やってるよ!」

 

と言われて観る

 

 

 

食欲が逆に異常に増すタイプ

かつ

過眠症になるタイプ

 

の自分の鬱 うつ では

パターンが違う

 

 

 

のに

なぜか泣けた

 

 

なぜか

ポイントだったりする

 

 

頭が真っ白で

無な感じなのに

 

涙が溢れたりする

 

番組観てる最中、

どこの何に

心動かされ涙が溢れるかが

わからない

 

 

そして

番組終了後

 

独りになって

 

また

グアッと泣けたりした

でも

真っ白で涙が溢れた

 

 

胸の奥底が

やられてるんだろうな

 

 

そういう実感は

やはりある

 

こういう度に

実感する

 

 

寛解

 

 

まだ

遠い先のお話

 

 

来ない お話

 

 

独り

 

雨が好きで

 

 

雨だから こそ

出掛けたりする

 

 

 

独りが

特に今は良い

 

 

 

いつも来るココは

 

 

 

いつも 晴れていても

独りで居られる

 

 

 

この雨の中

屋外で

 

これだけの光に囲まれて

 

誰一人会わずに

ずっと孤独で居られるほど

幸せなことは

 

無いんじゃないかと

思う

 

 

 

独りを感じて

時間を感じて

 

雨を感じて

風を感じて

 

 

 

あと

どれだけ居ようかな

 

 

 

子供が

「一緒にお風呂に入りたいんだが」

言っているらしい

 

 

 

 

すみません

父は

心を洗いに来ているよ

 

まだ

帰れないなぁ

 

とりあえず

 

 

昨日も今日も

 

 

生きてはいた な

 

 

 

奥さんに

「そう言いながらも

生きているじゃない。

まだ、死なずに

今日も生きているじゃない。

 

死なないから。

絶対、死なない。」

 

と言われ続けて

 

生きては いる

 

生き続けてはいる

 

 

でも

消えてしまいたい想いに

 

 

変わりはなく

自分の場合

 

 

結局、

 

 

 

人がどう見ているか の自分

 

人に期待されている姿 の自分

 

人の力になれるはず の自分

 

 

そんな

他人から見た時 の自分を

 

 

 

追って 追い求めて

 

 

 

外部の人に気を回して

内部の自分を後回しに

 

 

 

そうして

生きる果てに

 

 

 

精神崩壊が待っていて

 

 

 

そこに

鬱 うつ 病は

あったのだと思う